20130326-012659.jpg

アクセス率をアップさせるためには、今あるどのホームページよりも優れたサービスを提供し、分かりやすい情報紹介をする必要があります。
そのためには複数の競合サイトについて調査し、自社のホームページに活かすことが大切です。

競合サイトをチェックする

ホームページへのアクセス方法としては、検索エンジン経由からのアクセスが多いと思います。
ということは、同じキーワードで検索されるページのコンテンツや集客状況を確認することで、自社のホームページ構築に生かすことができるということです。
ホームページを作る前に、必ず検索エンジンで競合サイトを調査しておきましょう。

似たような商材や、サービスを検索エンジンで調べ、その中で上位表示されているホームページをチェックすると参考になる点も多いはずです。
081

競合サイトとは?

  • 同様のサービスを行っているサイト
  • 同様の商品を扱っているサイト
  • 代替商品を扱っているサイト

ホームページを制作する前には、競合サイトを必ずチェックしよう。

競合サイトの強みと弱みを把握する

競合サイトをチェックする時に、そのサイトの強みと弱みを把握するようにすると良いでしょう。
そして、その分析結果を制作するホームページに活かしていくことが大切です。

125_original_s集客力の強いホームページでは、なぜ成功しているか、どこが他のホームページと異なるのか、その点を重点的にチェックします。くまなく調べていると、そのホームページの独自性が見えてくると思います。

また、検索エンジンで表示されているにもかかわらず、集客力の弱いホームページももちろんあります。更新されていなかったり、情報が中途半端だったり、分かりにくいホームページも多く見受けられます。そう言ったホームページを分析して、「自分ならこうした方が見やすいと思う」と考えるようになったら、もう成功するホームページは見えてきたも同然です。

  1. 良いサイトの場合:何が良いのかを検証する
  2. 悪いサイトの場合:「自分ならこうする」と改善策を考える

1、2、それぞれを自分のサイトに活かすことが大切です!

集客力の高いサイトのどの部分がユーザーをひきつけているのかを分析して、自分のホームページにも取り入れるようにします。

競合サイトの強みと弱みを把握して、独自性の高いサイト作りを目指します。

競合サイトのキーワードを分析する

競合サイトのキーワードを分析する作業も忘れてはいけません。
同じ商品やサービスを提供しているということは、同じキーワードを設定している可能性もあります。

ただし、同じキーワードを設定していて、検索エンジンで上位に表示されているとしても、ターゲット層が違えば、一概に競合サイトとは言えません。

競合とされるサイトのキーワードを分析するにはどのような項目を確認したらいいのでしょうか。

地域キーワードが必要なサイトの場合、明らかに競合かどうかがわかりますよね。
情報サイトや、全国をターゲットにしている場合は、その商品、情報の質を見極める必要があります。
108

キーワード分析の確認項目

  • 地域キーワード
  • 商品キーワード
  • 品質
  • 価格
  • 情報においての比較

競合サイトのキーワード分析を欠かさないようにしましょう。

競合サイトのテーマを分析する

競合サイトのテーマ分析は重要な戦略の一つです。競合するサイトと全く同じテーマせってをしたところで、同じような内容のホームページができるにすぎません。

実際の店舗でも同じですが、同じ町内で魚屋が何軒もあっても意味がありませんよね。

320_original_sあるお店ではマグロが新鮮、他のお店では店頭で干物を干して作っている、また他のお店では食堂が併設されていて定食が食べられる、などの独自性がない限り共存して行くのは難しいのではないでしょうか。

Webの世界でも同じことが言えます。大手ショッピングモールサイトでは、同じような商品が氾濫し、単なる価格の値引き競争になっているところもあります。そうなると共存どころか共倒れになってしまいます。

大事なのは、他のサイトの良いところを参考に、自分の良いと思う要素を取り入れて行くことです。すべてがゼロからのオリジナルでホームページをつくるのはとても大変なことです。
先人の知恵を借りることは、とても有効なサイトを構築する手段でもあると考えられます。

例:競合サイトを参考に…

  • 商品の見せ方を参考する
  • 一押し商品の違いをはっきりさせよう

などなど。
競合サイトのテーマを分析することが、自分のホームページを成長させることに繋がります。

強豪サイトのプラスαのオリジナルを目指そう!

 

いかがでしたでしょうか。

同業他社を調査したり、サービスを比較したりすることは、ホームページを制作することだけではなく、自社の商品、サービスの品質アップにもつながると思われます。

ホームページは出来上がって公開したらそこで完了ではありません。そこがスタートなのです。
常に調査をおこたわらず、より良い情報はっしんをしていくことが最高のSEO対策であると、Googleが教えてくれています。

お金で変える一時しのぎのテクニックや似非SEO対策に惑わされないようにしましょう。

 

ホームページから 新規顧客を獲得する 3ステップ