image

ホームページの目的やターゲットが決まったら、次は掲載する情報を整理する必要があります。
情報量の絞り込みをしっかりと行い、分かりやすく整理されたホームページ作りを心がけましょう。

掲載する情報を絞り込む

さまざまな情報を掲載するにあたって、あれやこれやと何でも掲載するのがいい方法とはいえません。情報を整理しきれないと、読みづらく分かりにくいページになってしまいます。

設計段階で、情報をきっちりと絞り込み、整理してからデザインを考えるようにしましょう。
必要な情報は、ホームページの目的、ターゲッ卜を明確にすることで自ずと決定されます。

また、自分がユーザーの立場に立つことでも明確になります。

掲載情報はきちんと体系化して整理する。

情報に優先順位をつける

商品やサービスに関する情報を掲載する場合、ユーザーに訴えかける「訴求力」を強める必要があります。

掲載する情報に優先順位をつけることでユーザーへのアピール効果が上がるだけでなく、ぺージ全体にメリハりがつく効果もあります。

例えば、「ショッピングサイト」の場合、ランキングやキャンペーンページを設置するのも有効な手段ですし、情報系サイトなら新着情報を強調することでアピールポイン卜となります。

見せ方と情報の本質を客観的に見定めて、掲載する情報を選んでいきましよう。

情報に優先順位をつけて表現し、訴求カを高めよう。

競合サイトをチェックする

インターネットの世界で、は有名メーカーでも個人事業主でも同じ土俵に立っています。
そこで大切になるのは「競合サイト」をチェックすることです。

たとえ同じレベルの商品やサービスを提供していても、情報整理やアピールの仕方によって集客力はまったく異なってきます。

いかに上手に商品やサービスをアピールできるのか、その方法を考えることがヒットを飛ばすホームぺージへの近道です。

商品の分類の仕方ひとつとっても、ユーザーから見た場合に魅力的に映るか、商品の絞り込みが、しやすいかといった使いやすさが.重要になってきます。

人気競合サイトの情報整理術を参考にしてみよう。

 

いかがでしたでしょうか。

いろいろな情報を整理することは次の段階の「メインコンテンツ」を決める際に必ず役に立ちますので、ぜひともしっかりと整理しておいてほしいと思います。
既にたくさんの記事やページを公開している場合なんか、特に威力を発揮すると思われます。