ホームページを制作するにあたって、テーマ決めは重要な要素です。同じ内容を扱ったとしても、テーマによって見せ方や、重点ポイントが異なってきます。ふさわしいテーマでホームページの構築を行うことが必要です。

テーマの決め方

ホームページにおけるテーマは、コンテンツやターゲットが決まった時点でほぼ決まっていると言えます。テーマは「どんな情報が掲載されているのかを表す全体のイメージ」と考えるとわかりやすいかもしれません。

例えば、女性向けのホームページと言っても、メインターゲットは、独身女性、10代、OL、学生向け、など、様々です。同じ情報でも、テーマによって表現方法は変わってくるのです。

日本酒を扱っているサイトでも、商品そのものの説明がメインであったり、酒造の紹介に力をいれていたり、ワインや、焼酎との差別かという点でコンテンツを作って行ったり、そのお酒に合う料理のレシピを掲載していったり、と、様々な「見せ方」があります。

テーマに合わせた見せ方で一貫性を持たせることが大切です。

一言でいえばその「見せ方」が、「テーマ」であると言えます。自分の得意分野とニーズを組み合わせてオリジナリティあふれるページを作りましょう。

テーマによって、ページの表現方法は様々に変化する。

情報提供コンテンツの充実

ホームページは複数のページから成り立っています。そのため、一瞬にして全ページを理解することはむずかしいといえます。

それを補うために「サイト内検索」や「サイトマップ」などでわかりやすく分類し、ユーザーを「迷わせない」ようにする必要があります。

情報をどのように見せ、表現するかがホームページを「見せる」上で重要な要因です。
ユーザーの立場に立って、テーマとコンテンツを一体化させましょう。

情報提供コンテンツ制作のポイント

  • 情報は精査して掲載
  • ユーザーの立場に立って情報を提供
  • ホームページ内での筋道を考える

情報をどのように見せるかが、サイト構築の上で欠かせないポイント。

テーマ設定の重要性

検索エンジンの多くは、ホームページ内のキーワードを拾って、他のページと比較したり、リンクの構造を確認したりしてテーマを決定しています。

同じリンク元を持つページどうしは関連したテーマを持つ、と検索エンジンのアルゴリズムは判断しています。

そして、検索エンジンはたまたまキーワードを記載しているページを表示させるのではなく、テーマに沿ったホームページを上位に表示する傾向があります。それぞれのページタイトルや見出しに設置されているキーワードを総合的に判断していますので、すべてのページに共通するテーマを設定することが大切です。もちろん一つのサイトに複数のテーマがある場合もありますが、その場合は、テーマの強度が弱くなってしまいます。

一つのテーマに絞り大きな効果を期待するか、小さなテーマを複数設置し、機会を増やすのかは運営方針として決定しておきましょう。

一つのテーマに絞るのか、小さなテーマを複数設置するのかは、運営方針次第。

 

いかがでしたでしょうか。

ビジネスでホームページを用意する場合は特に何を顧客に提供したいのかをじっくり考える必要があります。何でもできます!=実際は何もできない、というのと同じで、情報は整理して提供したいものですね。

特に企業のホームページは誰が見るサイトなのかをよく考えてサイト構築をしないと、情報はないから誰も見ない、アクセスが少ないから放置しがち、と悪循環に陥ってしまいます。

ホームページは作ったけど、パンプレットみたいに綺麗に作ってあるから更新する必要はない、ということでは、ネットからの集客は難しいと考えるべきです。

ホームページはすでに持ってるけど、ほとんど更新しないで放置している企業様、一度、サイトの現状を弊社にもご確認させてさせてください。
必ず「集客できるホームページ」へバージョンアップすることができるはずです!

UPGRADE YOUR BUSINESS !!