サイトマップ

「サイトマップ」とは、ホームページにある全てのページヘのリンクを一覧用としてまとめたページです。今回は、ホームページを立ち上げる際に必ず用意しておきたい「サイトマップ」についてご説明します。

サイトマップとは何か?

「サイトマップ」とは、ホームページにある全てのページヘのリンクを一覧用としてまとめたページのことで、本で言うところの目次にあたるものです。

一般的なホームページは、複数のページ構成から構成されていて、それらのページはリンクを使ってお互いを結びつけます。

しかし、リンクが複雑になったり、ホームページの規模が大きくなったりする、つまりページがたくさん増えていろいろな情報が増えると、ユーザーが目的の情報になかなかたどり着けなかったりします。

そこで必ず用意しておきたいのが「サイトマップ」です。「サイトマップ」を用意しておくことで、ユーザーが探している情報ページをすぐに見つけられるようになります。その名の通りに「サイトマップ」は、サイト(ホームページ)全体を見渡す為の「地図」の役割を果たしてくれるのです。

サイト内のすべてのページから「サイトマップ」へアクセスできるようにしたり、サイトのトップページや情報の区切りとなるカテゴリーのトップページヘのリンクを各ページに付けておくと良いでしょう。

サイトマップは、サイト全体を見渡すための案内図。必ず用意したいコンテンツです。

サイトマップが検索エンジン対策になる理由

「サイトマップ」は、本来、ユーザーのホームページ閲覧を手助けするためのものです。しかし、最近では、検索エンジン対策としても欠かせない重要なコンテンツに位置づけられるようになりました。

検索エンジンの巡回ロボットは、アクセスしたページからリンクをたどり、他のページの情報を収集して回りますが、「JavaScript」や「Flashムービー」などを利用したページでは、巡回が中断されてしまう場合があります。

しかし「サイトマップ」を用意していると、そのリンクをたどって、巡回ロボットはすべてのページの情報を迷わず巡回できるのです。

「サイトマップ」を検索エンジン対策として有効なものにするには、適切なキーワードを含む「アンカーテキスト」(マウスでクリックするアンダーラインのひかれた文字の部分のことです)を使って、テキストリンクでサイトの全ページヘリンクを貼るようにしいます。

多くの検索エンジンは、テキスト情報から内容の関連付けを行なっていますので、サイトマップの「アンカーテキスト」に含まれるキーワードとリンク先ページの内容を一致させることで、サイトテーマの関連付けを強化できるのです。

「サイトマップ」を用意すると、巡回ロボットは迷わず全てのページを回収していく

ユーザーにとってわかりやすいサイトマップにする

「サイトマップ」は検索エンジン対策になるとはいえ、本来の目的としては、ユーザが目的のページを見つける為のページです。したがって検索エンジン対策に囚われすぎてしまうのは好ましく有りません。

例えば、アンカーテキストにキーワードを含めたいからといって、そのページが一体どんなページなのかわからなくなるほどキーワードで埋め尽くしてしまうのは問題があるでしょう。最悪の場合、検索エンジンからSPAM(迷惑行為)と判断されて検索結果からサイトごと除外される可能性もあります。

ホームページを訪れた人も、検索エンジンの巡回ロボットもにも、どちらにも分かりやすい親切なサイトマップ作りを心がける必要があります。

 「サイトマップ」は、ユーザにも巡回ロボットにも分かりやすい親切設計をする

XML サイトマップファイル(sitemap.xml)について

※ 検索エンジン専用のサイトマップとして、XML サイトマップファイル(sitemap.xml)がありますが、別の機会に解説したいと思います。

 

いかがでしたでしょうか。
今回は「サイトマップ」について記事にしました。

弊社ランドマークスで制作するホームページやブログでは、この「サイトマップ」「XMLサイトマップ」をシステムで自動生成し、検索エンジンへ適切に更新情報を通知します。つまり、新しいページを追加したり、削除すると自動更新されるので面倒なメンテナンスが不要でサイトの更新が行えるようにしています。また、検索エンジンへ適切に通知することで、検索結果への反映時間も早くなり、結果として効果の出るホームページとなっていきます。

ホームページやブログに関するご質問やお悩み等ございましたら、弊社までお問い合せ下さい。