C00061-001B_s

ホームページの内容に興味を持ったユーザーが、製品・サービスのお問い合わせや相談ができるように窓口を設けておく必要があります。お問い合わせ窓口には、電話やフォームなどがありますが、適切かつわかりやすく表示しましょう。

お問い合わせ窓口の必要性

お問い合せボタンサンプル

お問い合せボタンサンプル

「お問い合わせ窓口」は、ホームページを見たユーザーが、サイト内容について問い合わせを行う際に欠かせないコンテンツです。

問い合わせがしづらいと、せっかくのビジネスチャンスを逃がしてしまうことになりかねません。

ユーザーがお問い合わせしやすいよいうに、お問い合わせ窓口のページには、以下のようなお問い合わせ情報を記載すると良いでしょう。

ユーザーがお問い合わせしやすいように、必ずお問い合せ窓口を用意すると良い

 

お問い合わせフォームを設置する

お問い合せフォームのサンプル

お問い合せフォームのサンプル

電話やメールなどのお問い合わせ先の他に重要になってくるのが、「お問い合わせフォーム」です。

お問い合わせフォームは、お問い合わせをすると自動配信メールをユーザーにも送るように設定すれば、ユーザー自身も自分の送信した内容がきちんと届いているかを確認できて便利ですし、取引内容の記録にもなります。

また、SSLを利用したフォームにすることも有効です。https://ではじまるページを見たことありませんでしょうか。ブラウザによっては鍵マークが表示されたり、URL欄が色が変わっていたりします。

SSLで情報を暗号化することで、ユーザーはより安全に情報を送信できるようになります。

ユーザーとの情報をやり取りする「お問い合せフォーム」を用意するとよい。

 

お問い合わせ先の案内は、目立つ場所に配置

ユーザーはすべてのコンテンツを読んでくれるという訳では有りません。ですから、問い合わせ先の案内は目に入りやすい位置に設置します。

どこから問い合わせをして良いかわからなければ、同じような製品やサービスを取り扱う他のホームページへすぐに移動されてしまいます。

よりよいサービス、使い勝手のよさ、レスポンスの速さを求めているわけですから、ホームページを運営する場合は、常にユーザーの視点に立ってホームページを客観的に見つめることが大切です。

お問い合せフォームのボタンや電話番号などの連絡先は、ホームページ上の目立つ位置に配置するべきですし、営業時間や定休日、レスポンスまでの所要時間なども大切な情報の一つです。

お問い合わせ先の案内は、ページの上部など分かりやすい一に設置する。

 

いかがでしたでしょうか。

弊社ランドマークスで制作するホームページやブログでは、この「お問い合せフォーム」を作成する機能があります。また、単に問い合わせがあったらメールが送信されるフォームではなく、データベース上にお問い合せの履歴が蓄積されますので、データをCSVなどの形式でエクスポートして顧客管理システムデータとしたり、メルマガ配信のリストに使ったりと、単に問い合わせの受付窓口だけでなく、顧客管理を行うこともできます。まさに営業支援サイトを構築出来ます。

ホームページやブログに関するご質問やお悩み等ございましたら、弊社までお問い合せ下さい。