ランドマークス木村です。今年も相変わらず、「業者に依存しないウェブサイトを運営しましょう!」ということを訴えております。
今回は、「業者に依存しないウェブサイトの運営」の方法について、突っ込んだお話をしてみましょう。
現在もそのような実践を行われている会社がいくつかあると思いますが、その方法として大きく3パターンが考えられます。
a.自社スタッフがホームページビルダーやドリームウィーバーで制作する
b.市販のホームページテンプレートを利用して制作する
c.ブログやその他の更新システムを導入したウェブシステムを業者に構築してもらって、更新作業をスタッフが行う
それでは、その中で私がオススメするものから、それぞれのメリット・デメリットをお話します。
まずオススメ度第1位は、やはりc。
見栄えもよく、更新もできる、ポイントを定めて更新すれば検索サイトでの検索結果上位表示も期待できます。ただし、当然ですが業者が制作するのですから、コストがかかります。そのホームページ制作のコストも更新機能をもたせるとなると、更新できない固定されたホームページの製作コストより、コストアップしますが、一昔前に比べると、いろんなシステムの登場や進化に合わせてずいぶんと価格が下がってきました。ただコストがかかるのは当然で、大切なのは費用対効果です。業者としては、やはりそこが最も評価されるところ。どれだけの結果がもたらされるのか。当社のお客様もしっかりホームページで、新規顧客の取り込みや、既存のお客様とのコミュニケーションなど、ホームページを上手く活用されています。ホームページがなければ困るというお客様ばかりです。逆に言えば、「問い合わせもない・反応もない」というホームページを制作している業者が存在していることが信じられません。
そしてオススメ度第2位は、b。
これはテンプレートデザインを利用しているため、見た目がそれなりのものに仕上がります。ただし、自由度が低いため、これはコスト削減ありきでをかけたくないが故に、がかかります。結局制作するコスト削減を目的に行われている会社や、デザインなどに興味がある方が
そしてオススメ度第3位が、a。
この手法は、最近では少なくなってきましたが、2000年以前には多く見られた手法です。これをおこなうには、ホームページビルダーや、ドリームウィーバーというホームページ作成ツールを購入しなければなりません。そしてそのツールを使いこなすための勉強も必要です。実は、これって人件費がけっこうかかっている状態なのです。さらに技術的な問題点を列挙すると、このやり方の場合、基本的にコンテンツメニューの書き換えが大変だという欠点もあり、結果としてお客様にとってはいろんなページが読みにくいという欠点も抱えています。自分たちでやってきたことに自信があり、業者に頼まずに、なかなか自分たちの手法にこだわっている会社も多い。なかなか業者には頼まない。結果としてお客様にはそして、昔からホームページに取り組んでいるところでは、実は社長さんの気づいていないところで、かなり追い込まれているウェブ担当者がけっこういるはずです。責任を感じているウェブテーブルレイアウトという手法から、cssレイアウトという手法へ、制作方法が大きく変わりました。その新しい情報発信に移行できないままでいる方が多いのです。そして、そのこともわかってはいるけれども移行できずにいるのです。
逆に言えばライバル会社が上位にいたとしても、先ほどのような手法で構築されているようでしたら、勝機アリです!情報が既にたくさんあり過ぎて抜け出せない状態にいる可能性が高いのです!同様のボリュームで、しっかりロボット向けに制作しなおせば、逆転できる可能性は十分あります。
特に2000年以前からこの方法に取り組んでいるところでは、昔ながらの
検索結果にも表示されない。
その脅威となる技術が登場したからです。
その脅威というのは、ブログです。
結局、コストをかけずにやろうとしたことが、コストがかかり、
結果にも結びついていなかったりしませんか?
まったくもったいないですし、くやしいですよね。
一生懸命、社員が一生懸命作ったのに。
とりあえず一度だまされたと思ってトライしてみませんか?
無料ブログに会社のホームページを移し替えてみて、順位を比べてみてください。
会社サイトとしては、とりあえず見た目をどうにかしないといけないのですが、
このブログは本当にすごい。
とにかく、しっかり学んでやれば、いやがおうにも上位に表示される仕組みになっているのです。上位に表示されないのは、知識が足りずにただ目的もなく、記事更新しているか、
世の中の時流に業績が下がっている会社も多いと思いますが、そうした中情報発信の必要性を感じていらっしゃる会社・個人事業主の方も多いと思います。さて、今回は個人で事業を営んでいらっしゃる方に有効な情報を提供したいと思います。
当社では、できるだけ低価格でホームページの制作を提供したいといろいろと思考錯誤しておりますが、なかなか
相談者からは「デザインがよくて、検索サイトでも上位に表示されて、反応があるものを」という依頼がありますが、当然のことながらそうした要望にしたがうとなると、残念ながらコスト的に見合わずがかかってきます。
おそらく、そうした方は、
あいかわらずランドマークス木村は「業者に依存しないウェブサイトを運営しよう!」ということを提案していますが、そのパターンとしては、下記のような方法が考えられます。
1.自社スタッフがホームページビルダーやドリームウィーバーで制作する
2.市販のホームページテンプレートを利用して制作する
3.ブログやその他の更新システムを導入したウェブシステムを業者に構築してもらって、更新作業をスタッフが行う
最近、コスト削減と思われますが、会社のサイト構築に、市販されているテンプレート(雛型)を利用した自社ホームページの制作をおこなわれている
そこでこんなのはどうでしょうか?

2009年ランドマークスの目標

無料ブログで十分と言う方も
ただ無料ブログをずっと続けていくのが、
業者に頼むとお金がかかる。
という方もいらっしゃいますが、ここはもう少し事業家としての意識をしっかりもっていただきたいと思います。
無料ブログは言うなれば仮説プレハブ、間借りしている状態です。
お客様に信頼性を上げるためには、やはりちゃんとした店舗を構える
むしろ、そういった無料ブログ支持派の方たちにこそ、