昨日の日曜日、わけあって地元宗像のお店に足を運ぶ機会がありました。

そこで味わったのは、あらためて感じた地元宗像に対する魅力。

どちらも初めておうかがいしたのですが、店内には心地よい空間と音楽が広がっていて、「宗像にもこんな素敵なお店があるんだなぁ・・・」って再認識。
もちろん、そのオーナー自身とても魅力的な方でした。
地元宗像に対する思いから集客方法まで、いろんな話を聞かせてもらいました。

僕自身、個人事業時代から、「地方をどうにかしたい。地方を活性化させたい」という思いを持ちつづけ、ランドマークスとしても「情報発信の地域格差をなくす」ことを重要な事業方向の一つとしています。

具体的に言うと、ランドマークスで取り組めることは、「情報のマッチングに貢献すること」です。

都市部には、先を行く情報や魅力的な情報が集中しており、それらの情報を取り上げる広告媒体やメディア、さらにそうした情報をより魅力的に伝えるクリエイターも集中しています。

一方、地方にはいろんな情報が眠っています。地方には、広告媒体もクリエイターも不足しています。
確かに市場として規模が小さいため商業的に成り立たないだろうという大きな問題が立ちはだかっています。

そこを何とか解決できないか? 情報を、その情報を必要としている人たちに伝わるようにすることができないのか?

これが実現し、情報と情報が繋がれば、人と人とが繋がり、仕事にも繋がると僕は信じています・・・しかし、その実現には、僕一人の力ではとうてい役不足であることも承知しています。でもきっとみんなで協力し合えば、必ず実現できる。

「地方を活性化させたい!」そう考えている「人」や「クリエイター」のみなさんと協力して、実現させたい。

情報のマッチングを実現させて、地方の魅力を、それを必要としている人たちに伝えましょう!

先ずは、僕自身が実践せねば。