みなさん、お世話になっております。ランドマークス木村です。
今月に入ってブログ式ウェブサイトについてご質問をいただく機会が増えてきました。大変嬉しく思っています。ご不明な点や、聞きたいことなどがあれば、ご遠慮なく木村にお尋ねください。
ブログ式というと、大半の方が日記風の無料ブログをイメージされるのですが、当社が提案しているブログ式ウェブサイトはそうではないんです。ブログの更新システムを埋め込んだ、見た目は単なるホームページを作り上げるのです。ブログのシステムを盛り込んでいるため、自社内からの更新・情報発信が可能になります。現在、ウェブ戦略の専門書では、多数の専門家がこの方式を提案されています。こうした情報が首都圏では広がっていることもあり、「ブログシステムを裏で動かす方式でホームページを立ち上げたい」とクライアント自身がブログを使った構築方法を指名することも珍しいことではありません。ブログシステムを利用して、クライアント自身が情報を発信していくことの有効性が認められているわけです。首都圏と比較すると、福岡はまだまだブログシステムを利用したウェブ運営の情報が知れ渡っていないようです。
さらに、突っ込んだお話をしておきますと、ブログ式ウェブサイトと言うのは、これ自体が目的であることはありません。あくまでも情報発信の1つの手段・方法に過ぎません。私がブログ式ウェブサイトを提案するそもそもの目的は、「自立型のウェブ運営の実践」、業者に依存するのではなく、自分たちの手で情報発信をおこなうということを実践していただくことです。
いろんな方とお話している中で、実感していることは、ウェブに興味がないわけではないのですね。むしろ、ものすごくインターネットに対する可能性を感じている方が多い。ただし、具体的なウェブサイトの活用方法が見えておらず、費用対効果という点で期待ができない。迂闊に業者に頼めない。気軽に話ができない。という実情のようですね。「真に有益な情報が欲しい。」「自信がもてるウェブサイトの運営を実現させたい」という思いはみなさんもたれているのです。
そうした方達に対して、私がブログ式ウェブサイトによる自立型のウェブ運営について説いていくと、ほとんどの方から「それはいい。」「それは知らなかった。」という反応をいただきます。ただしブログ式ウェブサイトがすべての方達に最適な情報発信というわけではありません。「予算はある。情報発信はすべてプロにおまかせしたい。」という事業主・事業主様はこれまでの一般的な更新を外部委託するスタイルが適していると言えます。ブログ式ウェブサイトはコストはあまりかけられないが、情報を発信したいという情熱はもっている。という事業主・事業所にはとてもオススメできる情報発信スタイルなのです。
そこで

自立型ウェブマネジメント セミナー

自立型ウェブ運営に既に取り組み成功されている事例を参考に
業者に依存しない自立したウェブ運営を実践する方法をお教えします。
参加希望の方は、ランドマークス木村にお電話ください。