引き続きグルーポン関係の記事です。

幾つかまとめてみましたので、そのメモです。

箇条書きなので、読みにくいかもしれませんがご勘弁を。

● グルーポン(フラッシュマーケティング)に必要そうな機能

矛盾している点もありますが、複数のグルーポンサイトの特徴を羅列しています。

システム全体として

  • 地域別にチケット発券
  • 1日、1地域、1アイテムというような形式(プレミア感を出すための少数掲載)
  • 購買成立までのカウントダウン
  • 今日のチケット、過去のチケット
  • 業種別もあるといいと思う(サイトを業種特化している為か既存サイトにはまだ少ない)
  • 掲載費用はとらない
  • 販売が成立したときにのみ販売手数料を支払う。完全な成果報酬型。
  • PDF等のチケット販売機能

飲食店等のショップ側

  • チケット販売(登録機能)
  • 共同購入数設定(人数に満たない場合は、チケット発券されない)
  • タイムセール(販売期間)設定、(販売開始から24時間以内とか)
  • 割引率設定(大体50%~)
  • お一人様1枚まで、みたいな枚数制限機能(あれば)

購入者側

  • 会員登録機能
  • クレジット決済代行会社のI/Fとの接続
  • グルーポンポイント制度(次回チケット購入時に使える、購入者の囲い込み用)
  • Twitterとの連動
    •  アカウント利用(OAuthなど)
    •  関連TL表示
    •  チケットのコメント=つぶやきなどの連動

※ ショッピングカートにダウンロード販売と会員限定の共同購入、販売期間設定が出来れば良い気もします。
その場合はチケットを楽に探せる検索機能は必須。ショッピングカートだと商品検索がメインの為です。
EC-CUBEプラグインとか作って、オープンソース化ORプラグイン販売すれば、話題にもなるし注目される気もします。
しかしEC-CUBEを熟知する時間+プラグイン制作時間が掛かります。
MTプラグインでは、新規製作より敷居が高くなると思います。

● あると便利そうな付加機能

  • 今いる場所の近くでどういうクーポンがあるかを検索出来るiPhoneアプリとか(Google Map、GPS)
    似たようなサービス:はてなココ、ココクーポン
  • 既存グルーポンサイトの横断検索サイト(いわゆるマッシュアップ)
    (既にいっぱいある)
  • 返信、コメントの数などで割引する変身クーポン
  • twitter/skypeでの店舗側の24時間対応
  • クーポン利用後でも返金保証

● 利点

  • 販売店側はまとまった顧客数が把握できるので、収益に繋がりやすい。
  • 利用者は共同購入なので、購入者が規定の数にならないとチケット購入にならない。
    その為口コミ等で勝手に宣伝してくれる場合が多い。

● 問題点・考慮するべき点

  • キャンセルについて
    (本家GropupnはキャンセルOK,日本の大半のグルーポンサイトはNG)
  • リアル店舗の場合は、実際に割引券をPDFなどで発券する
     (偽造されにくいようにシリアル番号が必要だと思われます)
  • ネットショップの場合は、ショッピングカートと連動して、タイムセールとか期間限定割引でのカートでの購入とするといい

● 昔からあるいわゆる共同購入サイト

  • ネットプライス (http://www.netprice.co.jp/
  • 楽天の共同購入機能(クーポン検索を準備中)(http://www.rakuten.co.jp/)

● 協力するといいところ

  • 飲食店そのもの
  • 飲食関係に強い不動産
  • 地域密着型フリーペーパー
  • 商店街
  • 映画、スポーツ観戦、コンサート等のチケット販売
  • エステ、美容室
  • テレビ番組(電話受付クーポン販売番組)+専用グルーポンサイトで割引通販
  • ラジオ番組(電話受付クーポン販売番組)+専用グルーポンサイトで割引通販
  • (その他ホットペッパーなどの冊子に載ってそうな業種)

● グルーポン使うとよさそうな業種

  • 飲食店
  • 旅行代行
  • ホテル・旅館
  • 通信販売
  • テレビ、ラジオショッピング
  • ネットショップ
  • チケット販売

● グルーポンシステム(フラッシュマーケティングパッケージ)を手がけている会社

 

● グルーポンについての記事

創業2年で売上300億円超,利益40億円超。驚異のフラッシュマーケティング・サイト,"Groupon" 成功の秘密を探る
http://blogs.itmedia.co.jp/saito/2010/05/groupon-fab9.html

※ 読み応えのあるグルーポンについての分析でした。
日本の共同購入サイト「ネットプライス」との比較などの分析も分かりやすかったです。