Perlのデバッグ方法というと、今まではApacheログにガシガシ出力してデバッグしていました。

MTもPerlなので同じ方法でやろうと思いつつも、レンタルサーバでMTが動いていてApacheログが前日分しか見れない。

困ったなーと思って、MTプラグイン開発で便利そうなデバッグ手法を調べてみた。

とりあえず、グーグルさんに聞いてみると、

http://labs.m-logic.jp/2008/10/mt_plugin_debug.html
MT::Logでログ画面に出力する方法。

なかなか便利だけど、ログの画面を別で再表示するのが手間に感じる。

http://omnioo.com/omnioolab/movable-type/mt-plugin.php
mt-config.cgiに DebugMode 1 を記述することで、下部にデバッグを表示。

これが分かりやすくていいかな。ということで、下の方のやり方でデバッグすることにしました。

デバッグするときは、Perlソース中に

use Data::Dumper; 
warn Dumper('aaa');

てな感じで書いてあげると、管理画面の下部の薄い赤いエリアに「警告とメッセージ」という感じでwarnningが表示されます。
何か他に良いデバッグ方法がありましたら、どなたか教えてください!