最近関東で流行っているグルーポン。いわゆるフラッシュマーケティングの一つなんですが色々なサイトが立ち上がっているようですね。

フラッシュマーケティングとは何かというと、要はタイムセールに特化したECサイトのことで、格安セール、時間制限、数量制限、会員限定みたいな感じです。

で、グルーポンがどんなものかといいますと、

http://www.grouponw.com/2010/05/blog-post_4381.html

グルーポンとは?
グルーポンは米国の共同購入クーポンサイトです。グルーポン(Groupon)はグループ (group)とクーポン(coupon)を掛け合わせた言葉です。要するに共同購入で割引クーポンを達成しようということです。共同購入のパワーにより 通常ではあり得ない割引(5~8割引)が可能となります。

というサービスです。少し前に海外で流行りだして、日本にも上陸しているようです。
あのホリエモンこと堀江さん(@takapon_jp)も半額東京というサイトを手がけていらっしゃいます。

何故これが流行っているのかというと…

サービス運営会社、クーポン発行飲食店、利用客、とともにみんな得られるモノがあるところ、なのではないでしょうか。

飲食店は平日の雨の日やキャンセルで開いた日などの集客の悪い時間帯を低価格で提供する。
主に口コミでタイムセール的に割引クーポンを発行するので集客の悪い時間帯の集客+お店の宣伝になる。飲食店としては、事前に顧客数や料理の材料の見積がしやすく、料理の無駄がなくなる。といった感じのようです。

安く提供した部分をどうカバーするかにもよりますが、口コミで集客を増やすことを考えると、利用する価値は結構あるみたいですよ。

割引チケット購入者はツイッターアカウントなどでかんたんログイン(シングルサインオン)でき、クレジット決済で手軽に購入ができる。しかも通常よりも良い料理が安く食べられるわけで満足度も高くなって、次の利用につながる、と。

居酒屋なんかだと、リピート率が増える方がいいに決まってますもんね。

よくできてますよね!

こういう仕組みは飲食だけではなく、旅行業者にも向いているのではないでしょうか。
そそ、キャンセル待ちのところにうまくグルーポンシステムを当てはめるというわけですよ。

お、早速今日の夜 「ガイアの夜明け」で、グルーポンサイトQ:podが紹介されるそうです。
見て参考にしなければ!

ランドマークスでも、福岡地区でのグルーポンサイト立ち上げに向けて進めています。
興味のある方は、こちらのお問い合わせからお願いします。

オープンソースでグルーポンないか探してみたところ http://github.com/robstyles/Massive-Coupon—Open-source-groupon-clone あるみたいです。こういうのをベースに開発してもいいかも。