Messenger2Skype

Windows XPに最初からインストールされている Windows Messenger (ウインドウズ メッセンジャー) ですが、これがまた元々普段から使ってないのにもかかわらず、気がつくといつの間にか画面の右下にいたりしませんか??

勝手に起動するのは、初期設定でそうなっているので、設定を変更すればいいという事ですよね。( 参考:Windows Messengerを自動起動しないようにする )

いつの間にか起動しているこいつ!しかし現在では、MicrosoftがSkypeを買収したので、サービス自体終了してしまいました。

もう使うことのないアプリとなってしまった訳です。

そういうことですので、余分なHDD・メモリを使わせていても仕方ないので、設定やレジストリ等を書き換えて起動させなくするのではなく、アプリケーション自体削除してしまいましょう。

(何故か「Windows Messenger 削除」で検索すると最初に出てくるマイクロソフトのサイトには削除できないと書いてますが…。)

 

Windows Messenger (ウインドウズ メッセンジャー) の削除方法

やり方は簡単です。

WindowsMessenger01

「スタート」メニューより「ファル名を指定して実行」を選択します。
ショートカットキーはWindows+Rキーです。
(キーボードの「Windows」キーを押しながら、「R」キーを一回押します。)

「名前」の欄に下記の内容を入力します。(間違えないようにコピペすると良いと思います。)

RunDll32 advpack.dll,LaunchINFSection %windir%\INF\msmsgs.inf,BLC.Remove

コピペ後に「OK」ボタンを押せば、完了です。
一瞬、処理中のダイアログ等が表示されますが、問題有りません。

最後に再起動しますかダイアログが現れますので、再起動して完了です。
再起動ダイアログは出ない場合もあるみたいで、その場合は特に再起動は必要無いようです。

 

Windows Messenger (ウインドウズ メッセンジャー) の再インストール方法

無いとは思いますが、一旦消すとコントロールパネル等からは再インストール出来ません。

どうしても必要な場合はマイクロソフトの「Download Center」から「mmssetup.exe」をダウンロードしてインストールして下さい。